FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人との対話

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 全国あんぎゃー!! ~ハジマリノウタ~

・4 / 4(日) 広島厚生年金会館     公演まであと 43
・4 / 30(金) 本多の森ホール      公演まであと 69
・5 / 15(土) 富山オーバードホール  公演まであと 80
・6 / 13(日) 山口市民会館       公演まであと 110


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日北日本新聞でこんな記事を発見しました。
就活カフェ

就活カフェ

産業カウンセラーの坂井裕紀さんが書かれたコーナーです。


就活カフェでは、SNSを切り口に最近の学生のコミュニケーションについて取り上げられていました。

~(以下抜粋)~
先日、ある企業の人事担当者から、「最近の新入社員は、入社前からSNSを活用し、飲み会を開いたりして同期と仲良くなる人が多いが、配属後は上司や先輩とコミュニケーションを上手く取れない人が多い」という話を聞いた。

(中略)

就職活動や受験は個人の努力次第という側面が大きい。しかし、企業の中で仕事をするには、個人の努力だけでなく、価値観の違う人ともうまく協力しながら問題を解決していかなければならない。

就活を始める学生の皆さんには、多くの職種や年代の人と積極的に合って対話をすることを勧めたい。自分と価値観を共有する人を求めるのではなく、まったく異なる価値観を持つ人とどのように折り合いをつけてコミュニケーションをはかることができるか、この経験が社会人になったときに多いに活用されるだろう。
~(以上)~


就活でよく”コミュニケーション能力が大事”だと言われます。
まさに、就活カフェで書かれていたことではないでしょうか。

先日とある採用担当者に
「なぜコミュニケーション能力が大事なのですか?」
と聞いてみたところ、
「会社は一つのチーム。その中で、お互いが情報を共有する必要があります。例えば、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)。どんなに些細なことも上司に報告、連絡、相談する事が必要とされます。しかし、仲の悪い上司に何度も報告とかしたくないでしょ?反対に仲の良い上司だったら報告しやすい。たったそれだけのことかもしれませんが、それが会社にとってとても大切なんです。だから誰とでもコミュニケーションが上手にとれる学生を採用したいですね。」

とか。

このような現状を知っている学生ってどのくらいいるのだろうか。
東京など首都圏の学生はたくさん実践していそうです。
じゃあ、富山ではどうだろうか?

会社に入るためだけではなく、価値観が異なる人とどのように折り合いをつけてコミュニケーションをはかるか
ということは人としてとても大切です。
時間がある学生時代だからこそ、このような事にもっとチャレンジしてもいいんじゃないのかな。
誰かが伝えなければならない。
ここ富山でも・・・

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gakuseijyuku.blog62.fc2.com/tb.php/80-40421570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。