FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


称号を与える(1月3日)


今日も最幸な皆様へ


こんばんは!
飲み会続きの小田和浩です。笑
さすが、新年ですね^^


さて、今日は小学校時代の友達と
自宅飲みをしました♪
集まったのは8人でしたが、
とても有意義な時間が過ごせました^^


皆様は小学校時代どうでしたか?
僕は、とても楽しかったです!
僕の小学校は本当にみんな仲が良かった♪
だから、今も集まったときは自然と笑顔に
なれます^^


そんな小学校時代の友達と集まったときに
言われた一言が、

「小田くんって、やっぱり変わらないね!
昔から、真面目で実直だよ。」

と言われます。
言われた、僕は

「えぇ!? そう??」

と、聞き返してしまったのですが。笑


人は、会う人会う人によって自分の
違う一面を引き出すように感じます。


小学校時代の友達には、
”真面目で実直”

というイメージですが、
富山の先輩たちには、
”やんちゃ”

と僕は思われていると思います。


『人は人が想像している自分になろうとする。』


小学校時代から
真面目
と言われてきた僕は、みんなの前では真面目に
ふるまおうとします。
つまり、人に期待されている人間になろうとする
習性が人間にはあると思います。


これを喜多川泰さんは、
著書「手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~」
の中で、

『称号を与える』

と例えています。

相手にこうなって欲しいと思うことを
相手に言うのです。


例えば、

「Aさんは優しいね♪」

と言うと、Aさんはあなたの前で
優しく振舞うでしょう。
そうやって、相手にプラスの称号を与えることで
相手の良い一面を引き出せるのではないでしょうか??


皆さんは、大切な人にどんな称号をあげますか?


それでは、今日も最幸な1日を♪



手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~
(2007/08/15)
喜多川 泰

商品詳細を見る





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gakuseijyuku.blog62.fc2.com/tb.php/106-f335a22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。